INFORMATION

recipe vol.1 【Oh! BENTOレシピ】菜の花と卵、ツナのマヨネーズ和え

旬の食材を使ったレシピコーナーをスタートすることになりました!

「季節のものを、とにかく簡単に!」をテーマに毎週お届けしていきますので、ぜひ作って食べて、あなたのレシピをひとつずつ増やしていただければと思います。

記念すべき第一回目は、お弁当のおかず。
「菜の花と卵、ツナのマヨネーズ和え」と、「じゃがいもとアスパラのバーニャカウダソース和え」です。

材料

「菜の花と卵、ツナのマヨネーズ和え」
菜の花 1/2束
卵   1個
ツナ缶 1缶(水煮、油漬けお好みで)
塩、胡椒、マヨネーズ 適宜

「じゃがいもとアスパラのバーニャカウダソース和え」
じゃがいも 1個
アスパラ  2本
バーニャカウダソース 大1(なければマヨネーズ 適宜)
塩、胡椒  適宜

作り方

recipe_1803_01_02

「菜の花と卵、ツナのマヨネーズ和え」

1.菜の花はひとつまみの塩を入れて沸騰させたお湯で2分茹でたら、冷水にさらしてザルで水気をきる。卵は水から13分茹でたら、一気に冷水で冷ましておく。

2.菜の花はしっかり水気を絞り1cm幅にカット。ゆで卵は細かくカットし、ツナ缶は汁気をきっておく。

3.お好みの味付けとなるように塩、胡椒をふる。

4.マヨネーズを加えて完成。


recipe_1803_01_03

「じゃがいもとアスパラのバーニャカウダソース和え」

1.じゃがいもはよく洗い、アスパラガスは皮の硬い部分をピーラーでむいておく。

2.じゃがいもに包丁で浅めの(1mm程度)切り込みを入れ、水分がある状態でラップを巻いて電子レンジ600Wで3分加熱する。アスパラガスは菜の花と一緒に2分茹でるのが楽です。こちらも茹であがったらザルで冷ましておく。

3.切り込みを入れたとこをから包丁で半分にカット。切込みを入れたことで皮をずるっと剥きやすくなります。

4.じゃがいもは一口大、アスパラガスは1cm程度にカットし、そこへ市販のバーニャカウダソースを入れレンジで30秒程度温めてしっかりと絡めて完成。

※バーニャカウダソースが余っていたら、こうやっておかずにしちゃいましょう!

recipe_1803_01_04

余ったらアレンジしちゃおう!

さて、今回の分量であなたのお弁当箱に入りきらなかった残りは、もちろん立派な小皿料理になりますが、こんなアレンジはいかが?ということでサンドウイッチバージョンをご紹介します!

といっても挟むだけですが…
今流行の「#萌え断」とか「#わんぱくサンド」なんて楽しんでみてはいかがでしょうか?

recipe_1803_01_05

材料はお好みのパン(今回は色合いを気にしてライ麦パンにしてみました)に、バターではなくヘルシーにオリーブオイルをササッとたらして、あとはのせるだけ!

ラップでギュッとくるんで、馴染んだ頃にラップのままカットしたら完成です。

とっても簡単ですよね?
忙しい朝だから、和えるだけが嬉しい簡単レシピ、ぜひお試しあれ!

作ったら、ぜひインスタグラムなどのSNSにアップしてくださいね。
「#クイジーヌハビッツ」「#ohbento」のハッシュタグを忘れずに~

recipe_1803_01_06


今回使った食材の一部は、クイジーヌ・ハビッツ各店舗ならびにオンラインストアでもお求めいただけます。

・バーニャカウダ(オンラインストアではセット販売のみ)

・メリーベア プーリアの塩

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加